■ あることばを「○○語」と呼ぶか「○○方言」と呼ぶかに基準はありますか?
■ 標準語がくずれて方言になったのですか?
■ 首都圏出身なので方言が身近に感じられません
■ 他の方言のアクセントは習得できますか?
■ 方言にも敬語がありますか?
■ 方言と県民性に関係はありますか??

あることばを「○○語」と呼ぶか「○○方言」と呼ぶかに基準はありますか?
  明確な基準はありません。例えば、沖縄のことばは「沖縄方言」ということもあれば「沖縄語」ということもあります。ここには、政治的な事情もからんできます。

  沖縄が米軍占領下にあり、日本への復帰運動をしていた頃は、「沖縄方言」ということが多かったらしいです。「日本語の沖縄方言」と位置づけたほうが、日本への復帰に有利だったためです。「沖縄語」などというと、「日本とは別の国だぞ」と主張しているように見えてしまいます。
  一方、最近の研究者は「沖縄語(琉球語)」と呼ぶことが増えてきたと思います。伝統的な沖縄のことばと本土のことばは、互いに話が通じないほどに違うことばですから、「沖縄語」と呼ぶのも自然なことでしょう。それに、沖縄の独自性を積極的に主張することが、時代の流れにもあっている気がします。

  そんなわけで、「○○語」と呼ぶか「○○方言」と呼ぶかは、政治的な問題や時代の流れと関連しており、明確な基準を決めることができません。国語だけでなく、社会の勉強もしないといけないわけです。


標準語がくずれて方言になったのですか?
  もともと日本には各地にたくさんの方言があって、そのうち東京の方言が歴史的な事情でたまたま標準語に選ばれただけです。ですから、標準語がくずれて方言になったわけではありません。方言研究の世界では、東京のことばを「東京方言」と呼び、「福島方言」「大阪方言」などと同列にあつかうことがよくあります。下に方言研究者の木部暢子先生のコメントを挙げておきます。
方言は標準語のくずれたものではありません。方言には方言のルールがあります。標準語の枠をはずしてみてください。そのとききっと、新しいことばの世界が見えてくると思います。‥‥井上史雄・木部暢子(2016)『はじめて学ぶ方言学』ミネルヴァ書房(奥付ページ)より

  ためしに、標準語のほうが方言より「くずれている」例を挙げてみましょう。下に挙げるのは標準語の「折れる」「入れる」「くれる」の活用です。
否定過去仮定命令
折れる折れない折れた折れれば折れろ
入れる入れない入れた入れれば入れろ
くれるくれないくれたくれればくれ
「〜れる」で終わる動詞の命令形は「折れろ」「入れろ」「暴れろ」「忘れろ」のように必ず「〜れろ」になりますが、「くれる」の命令形だけ「くれ」というくずれた形になっています。本来なら「くれろ」と言うべきです。
  ところが、「くれろ 方言」で検索してみると、東北や中部地方、九州の方言では「くれろ」という命令形が実際に使われているのがわかるはずです。「もうやめてくれろ」なんて言うと田舎くさく感じられますが、むしろこれが本来の言い方で、実は標準語の「やめてくれ」のほうがくずれているのです。

  つまり、どんなことばにも「くずれた」部分があって、標準語だけが完璧!‥‥というわけでは、まったくないのです。世間的に「標準語」とされることばが、言語学的にも「標準」ということではありません。


首都圏出身なので方言が身近に感じられません
  首都圏には首都圏で、独特の方言があります。「首都圏方言」で検索してみると、いろいろな情報が見つかるでしょう。国立国語研究所の調査をまとめた、下のようなサイトもあります。例えば、「列に割り込むこと」を「横入り」というのは神奈川県、「ズル込み」というのは埼玉県に多く見られます。埼玉県人がよく行く上野・池袋エリアと、神奈川県人がよく行く新宿・渋谷エリアの間に方言の境界(?)があるかもしれません。

【首都圏の言語の実態と動向に関する研究】 http://pj.ninjal.ac.jp/shutoken/



他の方言のアクセントは習得できますか?
  言語を覚えるには「臨界期」というのがあって、ある年齢を超えると、新しい言語・方言の習得が極端に困難になる‥‥という有力な仮説があります。
  方言アクセントについても、ある年齢を越えると新しいアクセントが身につかなくなるようです。この図は、太平洋戦争中に東京から福島県白河市に移住(疎開)し、そのまま白河に住み着いた人たちのアクセントを調べたものです。横軸は移住した年齢です。だいたい12歳より前に白河に移住した人は白河式アクセントに染まっていますが、それより後に移住した人は東京式アクセントのまま話す傾向にあります。個人差が大きいようですが、アクセントは小中学生時代に習得が完了してしまい、その後はどこに引っ越しても小中学生時代に習得したアクセントを使い続けることになるようです。

図は‥‥林大監修(1982)『図説日本語 グラフで見ることばの姿』角川書店(p.340)より


方言にも敬語がありますか?
  いっぱいあります。特に西日本方言に多いです。標準語の「お読みになる」に相当する尊敬語として、大阪には「読みはる」、京都には「読まはる」などの「ハル敬語」があります。姫路や福知山あたりから中国地方にかけては「読んでや」「読んでじゃ」などの「テヤ敬語」があります。聞きなれないと違和感がありますが、「先生が新聞を読んでやった/読んでじゃった/読んじゃった」などと言います。そのほか、「読みんさる」「読まっしゃる」「読みやる」「お読みる」などの言い方があります。上越では「読みなる」という表現を耳にします。

  一方、東日本方言には敬語が少ないです。下の2つの図は方言の尊敬語(お読みになる)・丁寧語(でございます/です)を地図にしたものですが、東京周辺以外の東日本には「尊敬表現を使わない」という地域が広がっています。丁寧語についても、千葉と神奈川は「必ずしも土地ことばではなさそうなもの」として(デス)があるだけで、栃木・茨城・福島にいたっては、丁寧語が存在しないので、欄が空白になっています。そんなわけで、栃木・茨城・福島の方言は「無敬語方言」とも言われます、福島ばんざーい(同じ福島県でも会津には敬語があります)。

クリックで拡大します クリックで拡大します
この図はクリックすると拡大します。

  そんなわけで、標準語の敬語も、もともと西日本方言に由来する可能性は高いです。そのことを確かめる簡単な方法があります。「読む」の否定の形は、東日本では「読まない」、西日本では「読ま」です。否定表現として、東日本は「ない」、西日本は「ん」を使うわけです。しかし、丁寧語の「ます」の否定は、標準語でも「読みませ」と「ん」を使います。敬語表現は西日本方言となじみがよいのかもしれません。

図は2枚とも‥‥加藤正信(1973)「全国方言の敬語概観」林四郎・南不二男編『敬語講座6 現代の敬語』明治書院(p.34、p.64)より



方言と県民性に関係はありますか?
  「県民性」の定義ができないので、はっきり答えるのは難しいです。ただ、地域ごとの「行動パターンの違い」については、近年、研究が進んでいます。下の図のうち、1枚目は「食事中、家族に醤油さしを取ってもらったときに何も言わない人」の割合を東北/関東/関西でアンケート調査した結果です。どうやら、東北人は何も言わないことが多いようです。図2は「店を出るときに店の人にどうあいさつするか」を示したものです。西日本では「ありがとう」「おおきに」などの感謝表現(アリガトー類)を使うのが多いのに対し、東日本の人は「どうも」としか言いません。

クリックで拡大します クリックで拡大します クリックで拡大します
この図はクリックすると拡大します。

  私は18歳まで福島で育ち、18歳から30歳までは大阪で暮らしましたが、東北と関西では「ありがとう」ということばの重みがまったく違います。関西の人は、ちょっとしたことにでも簡単に「ありがとう」「おおきに」と言います。バスを降りるとき運転手さんに「ありがとう」と言う人が多いので、びっくりしました。それにくらべ、東北人にとっての「ありがとう」は重たいことばで、家族に醤油を取ってもらったり、店を出るくらいでは使わない‥‥と思います。家によってかなり差がありそうですが、私は家族に「ありがとう」などと言ったことはありません。
  感謝していないわけではないのです。わざわざ口に出すと嘘くさくなるのです。

  気軽に感謝する関西人、なかなか口に出さない東北人、私はどちらの価値観も理解できますし、どちらの価値観も素敵だと思いますが、この違いが「県民性」かもしれません。3枚目の図は「初対面の人に会うのは気が重いか」を地図に示したものです。大阪府は真っ白なのに、福島県は真っ黒です。大阪人は初対面の人にもフレンドリーですが、福島人はシャイなのです。気持ちを口に出せないのです。

  そんなわけで、ことばの使い方と県民性には何らかの関係があるはずですが、まだまだわからないことが多いので、卒論のテーマなどで調べてみるのも面白いかもしれません。

1枚目の図は‥‥西尾純二(2009)「再検討・日本語行動の地域性」『月刊言語』38巻4号(大修館書店、p.10)より。2枚目と3枚目の図は‥‥篠崎晃一(2016)「方言と行動」井上史雄・木部暢子編『はじめて学ぶ方言学』ミネルヴァ書房(p.245、p.250)より